0798-69-3330

予防接種|まさだ整形外科 | 肺炎球菌ワクチン インフルエンザ

予防接種|まさだ整形外科 | 肺炎球菌ワクチン インフルエンザ

予防接種について

予防接種はワクチンを接種することによって特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽症で済むようにします。当院にて予防接種を受付いたします。お気軽にご相談ください。

予防接種について

肺炎球菌ワクチン

対象者の方は一部自己負担(4,000円)で接種することができます。 詳しくは西宮市保健所保健予防課までお問い合わせください。

実施期間

平成30年4月1日~平成30年3月31日

対象者

平成30年度の西宮市成人用23価肺炎球菌予防接種の対象者

年齢 生年月日
65歳 昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生まれ
70歳 昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生まれ
75歳 昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生まれ
80歳 昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生まれ
85歳 昭和8年4月2日~昭和9年4月1日生まれ
90歳 昭和3年4月2日~昭和4年4月1日生まれ
95歳 大正12年4月2日~大正13年4月1日生まれ
100歳 大正7年4月2日~大正8年4月1日生まれ

※過去に成人用23価肺炎球菌ワクチン(商品名:ニューモバックス)の接種を受けたことがある方は対象外となります。

肺炎球菌ワクチンとは

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(ただし、すべての肺炎を予防出来るわけではありません)。65歳以上の方や慢性の持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。
接種は、1年を通して、いつでも可能です。ただし、5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みなどが強く出ることがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔をあけてください。
接種の年月日は、忘れないようにメモしておきましょう。また併せてインフルエンザワクチンの接種も推奨されています。

よくある質問

成人用肺炎球菌ワクチンの効果って?
肺炎球菌による肺炎は成人がかかる肺炎の25~40%を占めています。肺炎球菌には90種類以上の血清型があり特に感染頻度の高い23種類の肺炎球菌による肺炎を予防する効果や重症化を防ぐ効果があります。(すべての肺炎の原因に効果があるものではありません)
今後の接種の機会について
市が行う定期予防接種として行う定期予防接種として受けられるのは今回限りです。個人的に行う任意予防接種としての接種は可能です。
過去に自己負担で接種済みの場合について
過去に23価肺炎球菌ワクチンを任意予防接種として自己負担で接種している場合は定期予防接種の対象外です。
2回目以降の接種について
前回の接種から5年以上あけることで接種することは可能です。ただし任意予防接種となりますのでその必要性や副反応についてかかりつけ医とご相談ください。
過去の接種歴がわからない場合について
前回接種から5年以内に接種すると強い副反応が出る可能性があります。これを防ぐため以前接種した可能性のある医療機関絵の問い合わせや接種済証などの記録の再確認をお願いします。
過去に13価肺炎球菌ワクチンを接種したことがある場合について
過去に13価肺炎球菌ワクチン(商品名:プレベナー)を接種したことがある方は今回のご案内の対象となります。
接種は義務ですか
この予防接種は個人予防目的で行うものであり接種は義務ではありません。接種を迷われる場合はかかりつけ医の意見を参考にご検討ください

インフルエンザ

インフルエンザウイルスは毎年違う種類が流行するため、予防接種も毎年行う必要があります。インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~3月頃に流行することを考えると、毎年10月下旬~12月に接種するのが良いでしょう。

平成30年度インフルエンザワクチン予防接種について
10月15日(月)より接種開始しております。 ワクチンに限りがありますのでお電話にて予約をお取りください。
※予約なしで来院された方でも出来る限り対応致します。

【接種費用】
・13歳以上65歳未満…1回 3,000円
・65歳以上(西宮市助成あり)…1回 1,500円

西宮市の助成について詳しくは市のホームページをご覧ください。

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染による疾患で、発症すると38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。お子様では痙攣や中耳炎、まれに急性脳症を引き起こすこともあります。またご高齢者や免疫力の低下している方では肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。

インフルエンザ予防方法

インフルエンザを予防する為に手洗い、うがいを心掛けましょう。また十分な睡眠と栄養で体力をつけ抵抗力を高めることによって感染しにくくなります。最も有効な予防手段は流行前のワクチンによるインフルエンザ予防接種です。

TOPへ